可愛らしい女の子が愛用していたピンクのギターをいらなくなったのでいくらで処分してくれるんだろうと悩んでいる

不用品回収の料金

不用品回収にかかる料金が知りたい!対象品目別に料金を徹底解説

引越し前や年末の大掃除の時になると、普段ではできない部分の掃除や不良品を処分しようとするのでかなりいらない物が出たりします。しかし大型家具となるテレビやタンス、ソファー等の大きな不良品は通常のゴミ回収日に出す事はできないんです。

だからと言って、いちいち分解をして小まめに捨てるのもかなり面倒ですよね?なのでリサイクルに持って行っても売れる程の価値はないと考えた時には、不良品を回収してくれるサービスを活用しちゃいましょう。

そう言われても、どうやって業者に依頼をしていいかも分からないと思います。ザックリでも良いので、料金はどの位掛かるのかが分からないと検討すら出来ません。

ですので今回は、不良品回収を検討しているあなたの為に分かりやすく説明をさせて頂きたいと思っています。ぜひ参考にしてくださいね(⑅•ᴗ•⑅)

不用品回収のシステムと料金体系の2パターン

笑顔の女性が2本指で不用品回収のよくある2つのパターンと料金体系を表している

例えば不用品の回収を民間会社に依頼をしようとする場合、実は国で統一されている規格や決まったリサイクル料金は設定れていないので各社まちまちであるというのが現状です。

しかしそれだと検討すらする事ができないので、ここで良くあるパターンを2つ紹介させていただきますね。これさえ抑えておけば、いざという時に困らないはずです(⁎˃ᴗ˂⁎)

【基本料金】+【各品目の回収料金】+【オプション料金】

軽トラックに洗濯機を1つだけ積んでいる

このプランのメリットは比較的不用品が少ない方におすすめで、しかも1品目からでも回収を依頼する事が可能なんです。家にあるもので、「これ出したいけど1つだけやからなんか気ぃ使うわ・・・」なんて思わなくて全然大丈夫( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )

テレビだけとか洗濯機だけお願いしたいな~とか、数点だけ引き取ってほしいな~という方にはもってこいのプランです。

もし行政の回収サービスに依頼をした時には搬出が大変で、粗大ゴミでも引き取ってくれない家財を処分したい場合には最適のシステムといえます。

【積み放題パック/定額料金】+【オプション料金】

不用品を積めるだけ積んだ1t(トン)トラック

こちらは家庭による大掃除時の機会や引越し時、またゴミ屋敷状態の家から大量の不用品を撤去したい場合に向いているプランです。

ですので極端に不用品の点数が多くて、都度一般ずつ出してしまうと費用が高くなっちゃうんです。そういう場合には、是非活用したいパックですね。

また不良品回収業者によってはスタッフが確認して買取り可能な物があると、買取査定をしてくれることがあります。買取費用の中から差し引いてくれるので、それこそ買取が多ければ料金が激安になります。

不用品の内容によっては、うれしいことに無料で回収をしてくれる業者も存在しています。ここまでが不用品回収のよくある2パターンですが、要はゴミを出す量で2パターンが存在するわけなんですね( •⌄• )◞

具体的な不用品の回収料金

明るめの茶色のメッシュの編み込みのサイフから3枚の1万円札(3万円)が顔を出している

では次に、回収業者が不用品を引き取る際の料金について説明します。まず覚えておかなければならないのが、不用品を回収する際の運搬料にはガソリン代も含まれていると言う事です。

不用品回収業者によっては詳細な明細がない場合もけっこうあるので、一般的な基本料金の相場は3000円~5000円程度だと把握しておくと良いです。

そして業者との交渉によっては、基本料金が安くなる場合もあるんです。これはどんなカラクリなのかというと、ごく一部の業者にはなるのですが細かい回収料金の設定は無いんですね。

その代わり、基本料金が交渉できる場合があるのです。まぁこれは少ないのですが、基本料金を無料にしている不用品回収業者も存在しています。

どうしても「基本料金」+「品目点数毎の回収料金」だと品目が増える度に料金が高くなってしまうんですね。なのでこの様なケースに該当しそうな場合には、ダメ元でも良いので値引き交渉を行ってみる事をおすすめしたいですね(⁎˃ᴗ˂⁎)

各品目別の回収料金について

数枚の1万円札の上に電卓が乗っかっている

ここがあなたの一番知りたいポイントなのではないかと思います。もちろん世の中の不用品回収料金で、一律料金というのはないんですね。

例えばですよ、1つのテーブルを例にとって見てもサイズや材質によって金額が違ってくるんですね。ピッタリ正確な金額ではないのですが、一般的な金額を知っておく事で不用品を処分する為の費用を前もって貯めておく事もできます。

ですので今回は、一般的に料金が公表されている回収業者15社の各品目別の概算料金を紹介させていただきます。これを見ておくことで、ある程度の料金目安にはなるかと思います。

品目回収料金
ブラウン管テレビ2,000円~5,000円
45リットルゴミ袋1,000円
70リットルゴミ袋1,500円
CRTモニター1,000円~3,000円
DVDプレイヤー500円~
PC周辺機器300円
アイロン500円~
エアコン2,000円~4,000円
オーディオデッキ500円
カーペット2,000円~3,000円
カーペット1,000円
ガスコンロ1,200円~
カラーボックス500円~1,000円
キーボード・ギター500円~1,000円
コタツ1,000円~3000円
ゴルフセット1,000円~2,000円
サーフボード2,000円~3,000円
スキー板1,500円~
スノーボード1,500円
タイヤ1本で1,000円~2,000円
たたみ2,000円~3,000円
タンス2,000円~5,000円
チェスト2,500円
ちゃぶ台1,000円
テーブル2,000円~3,000円
テレビ台1,000円~3,000円
トースター500円
ドライヤー200円
ノートパソコン500円~1,000円
バイク5,000円
パソコン本体1,000円~3,000円
ビデオデッキ500円~1,000円
ふとん1,000円
プリンター500~2,500円
ベット3,000円~5,000円
マッサージチェア3,000円~7,000円
ミシン500円~1,000円
ミニコンポ500円~2,000円
レンガ・石1kg 200円
椅子500円~1,000円
衣装ケース500円~1,000円
一人用ソファー1,000円~3,000円
液晶テレビ2,500円~4,000円
液晶モニター500円~2,000円
空気清浄機500円~1,500円
健康器具関連1,000円~7,000円
座椅子1,000円
自転車1,000円~
炊飯ジャー500円~
石油ストーブ1,000円~1,500円
扇風機500円~2,500円
洗濯機3,000円~6,000円
掃除機500円~2,500円
大型ソファー2,000円~5,000円
釣竿500円
電子ピアノ10,000円~
電子レンジ500円~1,500円
物干し竿500円
本棚3,000円~5,000円
冷蔵庫3,000円~5,000円

ざっとこんな感じですかね。補足なのですが、PC周辺機器とは主にキーボードやマウス等を指し、また健康器具はエアロバイクやぶら下がり健康器、ロデオボーイやルームランナーも含みます。

そしてカーペットは、一般的なサイズとなる4.5畳~6畳の大きさになります。あとですね、業者によってはカメラや家電等の電子機器を無料で回収してくれる会社もありますので、各社のホームページをチェックしたり電話で確認したほうが良いかと思います。

行政の回収サービスとの比較

白くて大きくてキレイで立派なごみ処理場施設

大きく分けると、不用品を回収してもらうには不用品回収専門業者と行政サービスがあります。そして行政サービスの方が安いと思われる方々もいるのですが、実はそうとも限らないんですね。

それはですね、品目によっては不用品回収業者の方が安価で済む場合もあるという事なのです。どんなカラクリかというと、例えば大手家電量販店で家電リサイクル法対象の品目を処分してもらうには、リサイクル料金と収集料金、そして運搬料金がかかっちゃうんですね。

もしも冷蔵庫を家電量販店に引き取ってもらおうとすると、リサイクル料(5,000円/171L以上)と収集・運搬費用が3,000円程かかるので合計で8,000円の費用が必要となっちゃうんですね。

しかし冷蔵庫を不用品回収専門業者に依頼をすれば、5,000円程の料金で回収してもらえるという相場があります。因みに重めの布団や石油ストーブは不用品回収業者では1,000円程で、行政サービスの料金と変わらないんですね。

特に重い品目を運び出す手間も考慮すれば、不用品回収業者の方が利便性が高いということですね。

積み放題パックとは?

トラックに積めるだけ積んだ大量のわら(ほし草)

上で説明した不用品回収業者の積み放題パックについてもう少し掘り下げると、最近では個々で見積りを出すスタイルではなくて定額制にて不用品を回収してくれる業者も増えてきています。

要するにトラックに乗せられるだけの品目を回収してくれますので、特に種類や大きさに関係なく一律で◯◯円という料金体系になっているんです。また金額が上がる基準としては、トラックの積載量が大きくなればなる程増加していくんですね。

必要に応じてオプション料金が発生する場合もありますが、でもそれ以外には料金が掛からないのが業者のメリットになっています。

また各業者によってはトラックの大きさも違いますし、どの位の高さまで積めるの?という詳細な料金設定をしている場合もあります。

なので、積み放題パックといえども各社で価格差があるのが一般的となっているということなんですね。

積み放題パックの金額相場

カード類がたくさん入りそうな黒い財布から数万円をサっと取り出す

積み放題パックの料金は各社が独自で設定している場合が多いのですが、相場としては1台につき1万円位。軽トラック(2トン)だと料金は9,800円~25,000円が平均的な相場ですね。

間取りでいうと、押入れから1K程度のスペースとなります。また2トン(平)トラックだと39800円~45000円となり広さは1K~2DK程度です。

そして2トン(箱)トラックだと60,000円~80,000円で、広さは2DK程度となります。

不用品が多い時は定額制がおすすめ

レジスター(レジ)のドロワー(引き出し)を開けて右上から3つの札抑え、小銭入れが7か所もあるレジ

もし単一品毎に回収料金を見積る場合、不用品のサイズや材質によって高くなっていく傾向にあります。なので、点数が多ければ多い程高額になってしまいます。

逆にいうと、定額制であれば積載可能な範囲や大きさ、重さ又は材質等を気にしないで良い事が大きなメリットになるんですね。

不用品回収業者のオプション料金とは?

不用品回収業者におけるオプション料金と聞いても、「パッとしないよ~」って方が多いと思います。お客さんの状況によっては、追加の費用が発生する場合もあるんですよ。

例えば、組み立て式のタンスやベットが部屋のドア口よりも大きくて部屋から出せないという場合には解体をしないといけないんですが、これを代行で行なってくれる場合があるんです。

その他の主なオプション作業の内容しては「エレベーターがない建物にて階段での運搬作業」「不用品の分解、解体」「洗濯機やエアコンの取り外し」「不用品搬出後の清掃」「深夜・早朝作業」「梱包作業」となるんですね。

オプション作業の料金について

部屋の一角をプラベニヤと養生用テープで汚損(おそん)や傷から守る業者

よく業者が依頼を受けるオプション作業の料金体系をいくつかご紹介させていただきますので、是非参考にしていただければと思います。

作業(オプション)料金
養生作業2,000円~
階段搬出1階ごとに1,000円
分解・解体1,000円
取り外し作業1,000円~4,000円
作業員の増加1人につき6,000円
深夜・早朝作業5,000円
吊り降ろし作業10,000円
分別・荷造り5,000円~

とまぁこんな感じになっています。参考になってもらえれば幸いです(﹡ˆᴗˆ﹡)

オプション作業料金の削減

ごみを種類別に分別する女性

上記の説明の通り多くのオプション作業内容は業者でないとできない物が多いのですが、しかし少しの手間を惜しまなければ自分でもできますし、費用を削減する事だってできるんです。

例えばどの様な物があるのかというと、分別・清掃・荷造りなどです。特にゴミの分別は5,000円程掛かってしまいますので基本的な分別方法は、各自治体と同じルールになります。

また部屋の掃除は自分で行えばその分の費用が浮くので、がんばって取り組んでも良いかと思います。

まとめ

いかでしたでしょうか?今回ご紹介をさせていただいた回収可能な不用品の品目と費用はあくまでも主要各社の統計平均になります。

1つの目安にはなると思うので、概算を見積ることは全然できる情報となります。大掃除や引越しの際にぜひ利用すればご自身の手間は省けますが、だからと言って何でもかんでも丸投げしてしまうと予想外の費用が掛かってしまいます。

こういった経験をすると、普段から不用品を出さない様に心がけることができちゃいますよ(๑•᎑•๑)

-不用品回収の料金
-, , , , ,

Copyright© 不用品回収 東大阪市 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.