悪質不用品回収業者は絶対許さへんで!と指を刺して怒っている女性

悪徳不用品回収業者

不用品回収業者に絶対騙されない方法!悪徳業者の特徴と見分け方

いらなくなった不用品を回収してほしいけど、そういった回収業者って詐欺のような違法業者が存在していることってご存知ですか?

ほんとは数万程度なのに、十倍以上の料金で請求されてしまうケースが後を後を絶ちません。生活費やお子さんを育てていく家庭にとっては大ダメージですよね。

これから不用品を出そうと思っている方が騙されないためにも、ここで紹介することをよく踏まえることでそんなトラブルを回避することができます。

悪徳な不用品回収業者

悪徳不用品回収業者の契約書に印鑑を押す寸前の手

違法な不用品回収業者の特徴を掲載しましたので、あなたも今の業者にお願いする前にちょっと確認してみてください。

東大阪市だけでなく違法回収業者の特徴は日本全国共通になりますので、騙されないためにもよくチェックしておきましょう。

見積もり金額よりも高額請求された

悪徳不用品回収業者に最初に見積もった金額よりもかなり多く(数万円)上乗せされた

かなり多いトラブルとしては、見積書の中身とはほど遠い金額を何万も請求されたということが頻繁に起こっているということです。

どういうことかというと悪質な業者はというのは、最初に提示した見積書に本来記載しなければいけない金額を書かずに、実際に仕事が終わったときに高額な料金を請求してくるんです。

そんな最悪な事態にならないためにも、最初の時点でどれにいくらとられるのか、追加費用はかかるのか、見積書を上から下まで細かくチェックしなければなりません。

気になったことやどんな些細なことでも、その場で聞くといいでしょう。分かりやすく噛み砕いて答えを返してくれる業者なら、心配することなく依頼できます。

不法投棄をしている

草むらに電子レンジやテレビなどを不法投棄している違法業者の実態

買い手の見つからない不用品は、正規のルートで処分しないで不法投棄する犯罪業者もいます。 こういった悪徳業者は、本来持っていなければいけない資格を持っていない素人である事が多く見られます。

普通に大型ごみや不用品を自治体へ依頼すると以前は無料で回収してくれたのですが、今ではおかたずけということで費用がかかります。具体的には、郵便局や指定されたコンビニなどに行って、不用品に貼りつけるシールのことですね。

違法業者というのは、このお金を払わずに人目に触れないところにそのままポイっと不法投棄をしてしまうのです。依頼者からは当然回収料金を受け取っているわけですが、そのお金は当たり前のようにダイレクトに悪徳業者の懐に入ってしまいます。

また、不法投棄の手間がかかるので回収したものを燃やすという、これもまた違法行為をやってる業者もかなりいるそうです。私たちがそういった闇業者の犯罪行為に知らずして加担しているとしたらゾっとしますよね。

不用品を転売している

違法回収業者が、テレビや冷蔵庫などを転売しようととりあえず外に並べて置いている

回収した不用品を転売するのはすべてが悪ではなくて、きちんと法に基づいた優良な不用品回収業者も行っています。

再販するには「古物商業法」の許可証が必要になってくるんですね。そして恐いことに、行政にバレるとこういった無許可の業者に依頼した人(あなた)が罰せられるということです。

つまり、廃棄処分費用として料金を受け取り、排出者の許可なしで転売されてたら違法になります。引き取る際に廃棄物として処理した場合、転売(再販)してはいけないということです。

罰金額もかなり高額になるので、古物商業法の許可を得ているか確認しておきましょう。

悪徳業者を見極めるポイント

人差し指を立ててポイントを分かりやすく伝えている笑顔の女性

これから紹介する不用品回収業者は、悪徳な業者の可能性がかなり高いので注意が必要です。また、そういった業者に依頼すると最悪あなたも罪に問われる可能性があります。

そういった最悪な事態に陥らないためにも、以下の悪質な不用品回収業者には絶対依頼しないようにしましょう。

軽トラで回収している

軽トラで不用品を集めている違法業者

不用品を積んだ軽トラのスピーカーから「ご利用になられた不用品を無料で回収します♪」などと告知しながら巡回している業者には、とりあえずお願いしてはいけないことを頭に入れておいて下さい。

というのも、拡声器を利用しての宣伝行為は大昔からあるのですが、すでに多くの自治体が違法行為と考えているからなのです。

昭和の頃は毎日と言ってよいほど普通に目にしてましたが、あの頃と時代が変わっているのでルールを無視して古いやり方を貫いている業者は道徳心に欠けるので注意しましょう。

無料だと堂々と嘘を言ってくるので、間違っても不用品があるからお願いしてはいけないです。トラックに積んだ瞬間に高額請求されてしまいます。

違法行為を何とも思わない営業方法で迷惑をかけまくっている時代遅れの闇業者には関わらないことを心得ておきましょう。

空き地で回収している

違法業者が不用品回収していそうな広めの空き地

広い空き地で不用品を回収しているのを、あなたも一度見たことがあるのではないでしょうか。貸地(かしち)や貸店舗など空きのある土地を借りて、そこにプレハブやテントを設置し営業するのが特徴です。

高架下などで営業しているのを確認したこともありますが、そのほとんどは砂利や土等の広い貸地で営業しています。

実際そういった所に行ってみると、「不用品なんでも回収!」と旗(はた)や看板に書かれています。

持ち込まれた不用品を引取るというスタイルなのですが、こういった業者も「一般廃棄物処理業」の許可を得てないのがほとんどなのです。

それらの不用品がお金にならないと判断した運営者は、廃家電や粗大ごみが不法投棄されていることが多く報告されています。また、積み上げられた廃家電から発火してしまうこともあるそうです。

無料だからいろんな不用品や粗大ゴミを持ち込んでみたものの、全てが無料の対象ではないと言われ不当請求の被害にあってしまったという人がたくさんいます。

なので、そういったトラブルに巻き込まれないためにも正しい方法で処分してくれる業者を利用しましょう。

必要な許可を取っていない

リサイクルで買い取る場合に必要な古物商許可証

一般廃棄物の回収を行っている業者は「一般廃棄物収集運搬業許可」が必要になり、リサイクルで買取る場合は「古物商許可」といった許可が必要になります。

その中でも家庭から出る「家庭系一般廃棄物収集運搬業許可」はザックリいうと法律が大きく関係しているのもあり、取得することが大変困難なんですね。

それら以外も重なって、多くの不用品回収業者が取得できていないのが現状です。その反対に、「古物商許可」は割りと取得しやすいのですが、単純に廃棄することができないんですね。

もちろん、一般廃棄物収集運搬業許可を取得していないのに回収すれば違法になってしまいます。一般廃棄物収集運搬業許可、古物商許可の両方を取得している業者は信用しても良いのではないかと思います。

これら2つの許可証を取得しているかどうかは、その業者のホームページにアクセスして記載しているのを確認することができます。

不用品回収の依頼をする前にまずホームページにアクセスをして、安心できる業者かどうか簡単に見極めることができるので必ずチェックしましょう。

ホームページがないことが多い

青空にパソコンやネット関係を思い描いたものを手でそっと受け止める

回収業者に依頼する前に、ホームページにアクセスをして会社名、電話番号、社長やスタッフの情報、作業実績(ブログ)、利用者の感想、許可の有り無しなど、依頼する前に事前に確認しておきましょう。

ウェブサイトが存在しなかったり、電話番号は書いてあるけど携帯電話しか記載していないのって怪しいですよね。そんないかがわしい点があるときは依頼をやめておいたほうが無難です。

あとしっかりしている優良業者は、料金設定や不用品処分のルート先も普通に公開しています。たまにポストに入っている回収業者の広告やチラシも、業者名を検索にかけてから依頼する方が良いかと思います。

ただホームページがあれば安心できるという訳ではないんですね。ホームページはネット上の専門業者や個人の方にお願いすれば数万円程度出せば作ってくれます。

大事なのは、ホームページの内容をしっかりと確認しておく必要があります。あとは、念には念を入れて地域の方々の口コミを参考にしておくのも良い参考になります。

大音量スピーカーで回収をしている

違法な不用品回収業者がスピーカーの大音量で回収営業をしている

あなたも1度や2度見たことがあると思うのですが、家の前や近所で不用品回収車の軽トラとか見かけることありますよね。

大音量スピーカーでおっちゃんかもしくは可愛らしいお姉さんの声で「ご不用になられた不用品、何でもお引き取りいたします・・・・」みたいなことを言っているのを季節問わず見かけます。

無料で引き取りますって言ってるのに、実際不用品をトラックに積み込んでからそこそこ高い費用を請求されたりします。

それだけではなく、そういう業者は不法投棄もしたりします。廃棄物を処理するのは、けっこうお金がかかってしまうからだと思います。

軽トラをよく見てみるとどこにも業者名が書かれているわけでもなく、作業服にもありません。こういった回収業者は昔からどこの地域でも存在するのですが、無許可で運営している違法悪徳業者なのです。

無料って言ってるので軽トラを呼び止めて不用品を積んでもらうと、実際にはいろんな理由をつけてありえないくらいの金額を請求してくるインチキ業者なのです。

また、回収した不用品を正規ルートではないところに投棄してしまい、挙句の果てに元の持ち主に再び引き取らせる悪質業者なのです。

きちんとした情報が記載されていない

不用品回収業者のホームページにアクセスし、信用できるすべての項目を確認して安心してOKサインを笑顔で表す女性

ホームページや家のポストに投函されているチラシを見てみると、固定電話ではなく携帯番号が記載されている場合は違法回収業者の確立が高いと考えていいでしょう。

また、所在地が書かれていない業者にはお願いしないほうが無難です。固定電話、所在地がしっかり記載されているか確認しておきましょう。

まとめ

東大阪市も昔ほどではありませんが、大音量スピーカーで巡回している軽トラも最近では少なくなった気がします。

でも、不用品なんでも引き取りますみたいなチラシは1週間に2~3枚くらい入ってますね。

無料で回収してくれると思ったのに、不用品を積み込んでから「これは別料金がかりますねん!」って言われたらショックですもんね。

お金かかるんなら降ろして下さいって言っても、こういう違法な業者は1回積んだら降ろしてくれないです。

お願いせーへんかったらよかったっていうことになる前にも、今検討している業者を今一度よく調べてみてくださいね。

-悪徳不用品回収業者
-, , , , ,

Copyright© 不用品回収 東大阪市 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.